漫画の名言集

柳生石舟斎(やぎゅう せきしゅうさい)のプロフィール

名前 柳生石舟斎(やぎゅう せきしゅうさい)
柳生兵庫助(やぎゅう ひょうごのすけ)
五男 柳生宗矩(やぎゅう むねのり)
流派 柳生新陰流
性格 負けず嫌い、無邪気、茶目っ気あり
特徴 白髪のお爺ちゃん

 

柳生新陰流の開祖で、天下無双と称えられている。若い頃には伊勢守に弟子入りし、「無刀」の業を引き継いでいる。そしてよくお世話をしてくれているおつうをとても気にいっており、またおつうも石舟斎のことを「おじいちゃん」と呼ぶほどに心を許している。そして最後はおつうの笛の音を聴きながら息を引き取っています。

 

柳生石舟斎(やぎゅう せきしゅうさい)の名言・名セリフ

 

迷われたならわしではなくまず師の元へ戻られてはいかがか

剣に一心になればなるほどいつしか錯覚していくもの・・・だが
あなたでさえ ひとりで生きてるのではないよ


(第7巻 師より)

 

 

修羅の世界に生きる男か・・・わしもそうじゃった 師にめぐり逢うまでは


(第7巻 師より)

 

 

倒そうと力を込めるほどにこの体は硬くなり 自由を失っていく

敵はいない 俺が対峙してるのは いつの間にか俺自身?


(第7巻 上泉伊勢守秀綱より)

 

 

”我” あの日の柳生宗厳の剣にはそれしかなかった

「相手に勝ってやろう、己の力を、強さを、存在を誇示したい、俺を見ろ」
師は言われた そんなことのために剣は 武はあるのかね?
我々が命と見立てた剣は そんな小さなものかね?


(第7巻 無刀より)

 

 

技は無限 なお工夫の余地はある


(第9巻 柳生より)

 

 

石の舟はついに浮かばず・・・!!ぬっふっふ

昔足利将軍によい待遇で誘われたことがあったが
あのときついていっていればその後織田信長に討たれただろう
のちの信長の招きに従っていたとしたら豊臣秀吉との間はどうなったか分からん
太こうの恩顧を受けていれば当然柳生家の命運は関ヶ原で徳川家康によって潰されておった
水面はいつも荒れ狂う乱世じゃった じゃが石舟はついに浮かばず この山間の三千石は残った
深く静かな水底で磨きぬいた兵法は夕べ 一族の最高傑作の手へ渡った!!


(第9巻 石の舟より)

 

 

夢か・・・人は死ぬ時に歩んできた人生を見るというがあれは本当じゃなおつう

若い頃・・・師 伊勢殿に出会う前のわしが出てきたぞ
ふふ・・・強さをはきちがえておるわ・・・・


(第10巻 成敗より)

 

 

うーむ わし今こそ絶好調

あのときの伊勢殿のお言葉 ようやっとわしも言える
我が剣は 天地とひとつ


(第11巻 蒼天より)

 

 

フム・・・なかなかよい面構えをしとる じゃがちと・・・危ういのう


(第11巻 蒼天より)

 

 

天下無双とは何か・・・か 武蔵よ 天下無双とはただの言葉じゃ


(第11巻 蒼天より)

 

 

「天下無双とは」などと・・・考えれば考えるほど

見よう見ようと目を凝らすほど答えは見えなくなる
目を閉じよ どうじゃ お前は無限じゃろう?


(第11巻 蒼天より)

 

 

道を究めたなら刀は抜くまでもないもの そう師に教わったよ

いかに鞘から抜かずにおくか その為に我々は死に物狂いで剣を振るっとるのだ


(第29巻 HOMEより)

 

 

天下無双・・・?天下にふたつと無い者・・・そんなものはない

なぜなら・・・全てがひとつであるから あるいは全てである
天下のすべてはひとつ ふたつと無いものであるから


(第31巻 友達より)

 

 

そうだね でっかい熊か何かであってもそうだね


(第31巻 友達より)

 

 

柳生石舟斎(やぎゅう せきしゅうさい)が言われた名言・名セリフ

 

嘘!!またそうやって負けを認めないんだから!!

もう子供みたい!!

 

 

 

ううん 兵庫助さんが羨ましくなっただけ・・・・
帰るところがあって・・・こんなに・・・帰りを楽しみにしてる・・・お祖父ちゃんがいる・・・

 

発言:おつう


 

 

もとよりいつ死んでもいい身 ただ最期は 夢に殉じたい

天下無双 柳生石舟斎宗義殿に挑んで死にとうございます

 

発言:祇園藤次(ぎおん とうじ)


 

 

我が剣は天地とひとつ 故に剣はなくともよいのです

 

発言:上泉伊勢守秀綱


 

 

祖父様 上泉公は何ともまろやかな顔をしたお方だったんですね

先程からそこに

 

 

 

幼い頃から何をやっても祖父様に似てるといわれた
剣をとれば太刀筋から身のこなしまでまるで生き写しだと皆言った
それがうれしくてうれしくて明けても暮れても剣を振った

 

発言:柳生兵庫助(やぎゅう ひょうごのすけ)


 

 

ああ この人は山だ

 

 

 

故郷を出てから4年 幾度かの戦いを経て自分もそれなりの者になったつもりでいた・・・!!
が・・・天下無双 柳生石舟斎殿の大きさは俺にはまだ計れませんでしたっ!!

 

発言:宮本武蔵(みやもと むさし)


 

 

剣一本 槍一本で世を駆けあがる時代はどうやら終わった・・・

とはいえ柳生新陰流は兵庫助の代でますます栄えそうですな
世を治める の剣として

 

発言:沢庵宗彭(たくあん そうほう)


 

 

生きてるうちに話を聞きに来た 会ったことはないが・・・・ずっと友達だと思っておる

 

発言:伊藤一刀斎(いとう いっとうさい)


 

 

おや・・・何じゃ おぬし先に逝きおったか・・・

 

発言:宝蔵院 胤栄(ほうぞういん いんえい)


 

 

 

 

漫画 : バガボンド

作者 : 井上雄彦

出版 : 講談社

全巻 : 37巻〜

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

バガボンドの登場人物から名言・名セリフを探す!
バガボンドのカッコイイ台詞だけを集めた名言集。
バガボンドのやる気が出る名言をまとめてみた!
バガボンドでの感動する名言・名セリフ・名場面と言えば・・・・。
宮本武蔵の名言『動け 揺さぶれ 言葉を振り切れ 今のど真ん中にいるために 』
佐々木小次郎の名言・名セリフ
本位田又八の名言『本当のことだけでいいってのは気持ちのいいもんさ』
沢庵宗彭の名言『ぜーんぶひっくるめてのお前なんだ いいんだそれで』
おつうの名言・名セリフ
城太郎(じょうたろう)の名言
お杉おばばの名言『ただ真っすぐに一本の道を進むは美しい じゃが普通はそうもいかぬもの 』
お甲(おこう)の名言・名セリフ『どっち? 悪い男だね 許嫁がいるくせにねえ』
朱美(あけみ)の名言・名セリフ
新免無二斎の名言『女々しい奴め 強くもないのに何故強いふりをする』
辻風黄平の名言『紅く美しく死ね』
辻風典馬(つじかぜ てんま)の名言
吉岡清十郎の名言『磨き上げた技を 練り上げた気を 生きてきた道を すべてを一の太刀に』
吉岡伝七郎の名言『俺にないもの 度胸 俺にないもの 覚悟 勇気』
植田良平の名言『あい わかった お願いします』
祇園藤次(ぎおん とうじ)の名言『右に曲がってんだ俺のァ』
宝蔵院 胤栄(ほうぞういん いんえい)の名言『海を泳いでる最中には 海の広さはわからんよ』
宝蔵院 胤舜(ほうぞういん いんしゅん)の名言『力むな はやるな ためらうな』
阿厳(あごん)の名言『阿厳 そなたを屠った者の名だ』
柳生兵庫助(やぎゅう ひょうごのすけ)の名言
庄田喜左衛門(しょうだ きざえもん)の名言
村田与三(むらた よぞう)の名言
鐘巻自斎の名言『この藻屑ほども!わしは価値がない!!』
伊藤一刀斎の名言『剣に生きると決めたのなら正しいかどうかなどどうだっていい 感じるべきは楽しいかどうかだ』
不動幽月斎(ふどう ゆうげつさい)の名言
夢想権之助(むそう ごんのすけ)の名言
猪谷 巨雲(いがや こうん)の名言
定伊(さだこれ)の名言
本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)の名言
秀作の名言・名セリフ