漫画の名言集

伊藤一刀斎(いとう いっとうさい)のプロフィール

名前 伊藤一刀斎(いとう いっとうさい)
初名 伊藤 弥五郎(いとう やごろう)
流派 一刀流(開祖)
師匠 鐘巻自斎(かねまき じさい)
弟弟子 佐々木小次郎
通称 剣の神様
年齢 52歳(関ヶ原当時)

 

元々は鐘巻自斎の弟子であったが5年という短い期間で師匠を超える剣術を身に付ける。それを気に名前を一刀斎に変更する。そして再び師匠の元を訪れた時に佐々木小次郎を預けられ、一緒に旅をする中で鍛えていく。しかし自分と対等に張り合える存在が居ないことに大して退屈と感じている。

 

伊藤一刀斎(いとう いっとうさい)の名言・名セリフ

 

クク・・・変わってませんね

相変わらず自分以外の人間に興味のかけらも無いようだ


(第14巻 藻屑より)

 

 

だが先生こいつは虎だ 儂らと同じ虎ですよ先生

虎は虎として生き 虎として死ねばいい


(第16巻 兄弟子より)

 

 

師を相手に手加減するとは何事か無礼者!!


(第16巻 兄弟子より)

 

 

鐘巻先生が頂点の人なら 先生を倒したらその先は無い

この遊びももうすぐ終わるのかと そう思ったら寂しくなりました


(第16巻 虎より)

 

 

その名を出しゃあお前が何割増しかに見えるんだろうが

ところでおいいいのか?先刻から儂の間合いに入っている訳だが


(第16巻 狂宴より)

 

 

まだ子守付きか小倅!!それじゃあ点数はやれん


(第16巻 狂宴より)

 

 

恐怖に鈍い者は真っ先に死ぬ 分かったら存分に戦えい!!


(第17巻 鈍き者より)

 

 

 

馬から降りよ 罪もない馬を斬りたくはなし

うん?おぬしもまあ罪はないか そういえば 帰ってよし!!


(第18巻 関ヶ原午後六時より)

 

 

生きて帰ろうぞ少年!!チンポも使わぬまま死にたくはあるまい!!


(第18巻 落ち武者狩りより)

 

 

わしは自分のことは分かるが人のことは分かりません

よって人を育てられるような人間ではない よろしく頼まれても出来る事はひとつしかありません
わしがしてきたようにやらせるだけ わしに言えることはひとつ わしになれ


(第18巻 落ち武者狩りより)

 

 

生き延びようとするのが獣の本能 死の際を知っているからこそ臆病になる


(第19巻 遠き海より)

 

 

小次郎に欠けていたのは臆病さ 死の際を知り臆病になり

なおかつ臆病を超えて前へ出ていく勇気 それが強さ
(せ・・・先生にも臆病さがあるんですか?)
それは知らん 臆病と強さは相反しない


(第19巻 遠き海より)

 

 

対等の相手がおらぬことはつまらぬぞ

わしの命を脅かす最強の敵は 最愛の友に等しい・・・


(第20巻 市三より)

 

 

己のすべてをぶつけてもなお勝てるかどうか

儂らは生涯かけてそんな相手を探しとる まるで宝でも探すように
そんな相手だけがまだ見ぬ自分を引きずり出してくれるからだ


(第31巻 宝より)

 

 

酒代だ 孫の代まで客が絶えぬだろう


(第32巻 巨星堕つより)

 

 

くっくっ こっちに抜く間を与えんとは この遊びに終わりはないのう・・・・!!


(第32巻 螺旋より)

 

 

怒りは必ず隙を生む


(第32巻 トラトトラより)

 

 

石がこの瞬間に全身全霊で石であるように 樹が全身全霊で樹であるように

全身全霊でただ斬ることのうちに在る その点において儂以上の人間を初めてみた!!


(第32巻 トラトトラより)

 

 

無刀・・・・無刀だと?さっぱり分からねえ

くっくっ・・・無刀ねえ・・・?何が楽しいのやら?


(第32巻 無刀だとかの類より)

 

 

剣に生きると決めたのなら正しいかどうかなどどうだっていい

感じるべきは楽しいかどうかだ


(第32巻 無刀だとかの類より)

 

 

伊藤一刀斎(いとう いっとうさい)が言われた名言・名セリフ

 

弥五郎 わしのことも虎と言ったな 言ったんじゃ

弟子なのに・・・虎と呼ばれて少し嬉しく 老いとはどうしようもないのう

 

 

 

弥五郎 小次郎をよろしく頼み申す・・・!!

 

発言:鐘巻自斎(かねまき じさい)


 

 

天下無双・・・?天下にふたつと無い者・・・そんなものはない

なぜなら・・・全てがひとつであるから あるいは全てである
天下のすべてはひとつ ふたつと無いものであるから

 

 

 

そうだね でっかい熊か何かであってもそうだね

 

 

 

あれこそ「天下無双」極まってる 出会えてよかった
わしが何者か最期に教えてもろたよ

 

発言:柳生石舟斎(やぎゅう せきしゅうさい)


 

 

こんな人間がいるのか

 

発言:宮本武蔵(みやもと むさし)


 

 

 

 

漫画 : バガボンド

作者 : 井上雄彦

出版 : 講談社

全巻 : 37巻〜

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

バガボンドの登場人物から名言・名セリフを探す!
バガボンドのカッコイイ台詞だけを集めた名言集。
バガボンドのやる気が出る名言をまとめてみた!
バガボンドでの感動する名言・名セリフ・名場面と言えば・・・・。
宮本武蔵の名言『動け 揺さぶれ 言葉を振り切れ 今のど真ん中にいるために 』
佐々木小次郎の名言・名セリフ
本位田又八の名言『本当のことだけでいいってのは気持ちのいいもんさ』
沢庵宗彭の名言『ぜーんぶひっくるめてのお前なんだ いいんだそれで』
おつうの名言・名セリフ
城太郎(じょうたろう)の名言
お杉おばばの名言『ただ真っすぐに一本の道を進むは美しい じゃが普通はそうもいかぬもの 』
お甲(おこう)の名言・名セリフ『どっち? 悪い男だね 許嫁がいるくせにねえ』
朱美(あけみ)の名言・名セリフ
新免無二斎の名言『女々しい奴め 強くもないのに何故強いふりをする』
辻風黄平の名言『紅く美しく死ね』
辻風典馬(つじかぜ てんま)の名言
吉岡清十郎の名言『磨き上げた技を 練り上げた気を 生きてきた道を すべてを一の太刀に』
吉岡伝七郎の名言『俺にないもの 度胸 俺にないもの 覚悟 勇気』
植田良平の名言『あい わかった お願いします』
祇園藤次(ぎおん とうじ)の名言『右に曲がってんだ俺のァ』
宝蔵院 胤栄(ほうぞういん いんえい)の名言『海を泳いでる最中には 海の広さはわからんよ』
宝蔵院 胤舜(ほうぞういん いんしゅん)の名言『力むな はやるな ためらうな』
阿厳(あごん)の名言『阿厳 そなたを屠った者の名だ』
柳生石舟斎の名言『天下無双とは何か・・・か 武蔵よ 天下無双とはただの言葉じゃ』
柳生兵庫助(やぎゅう ひょうごのすけ)の名言
庄田喜左衛門(しょうだ きざえもん)の名言
村田与三(むらた よぞう)の名言
鐘巻自斎の名言『この藻屑ほども!わしは価値がない!!』
不動幽月斎(ふどう ゆうげつさい)の名言
夢想権之助(むそう ごんのすけ)の名言
猪谷 巨雲(いがや こうん)の名言
定伊(さだこれ)の名言
本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)の名言
秀作の名言・名セリフ