キングダムの名言集

エイ政(えい せい)のプロフィール

名前 エイ政(えい せい)
性別
性格 冷静でポーカーフェイス
得意な武器
特徴 漂と瓜二つの容姿をしている
声優 福山潤 (幼少期:金田アキ) / 朴?美

 

秦国の若き王で後の始皇帝。敵国である趙国で育ちその際に趙の人々に憎しみの対象として日常的に暴力を受けていたため、王族といえども人の痛みがわかる王である。そして体力も腕力もあり、剣もある程度使いこなすことが出来る。

 

エイ政(えい せい)の名言・名セリフ

 

お前の罪とお前の子は関係ない


(第1巻 反乱軍の手より)

 

 

俺を守るために死んでいった人間が少なからずいるからな

漂もそのうちの一人だ


(第1巻 反乱軍の手より)

 

 

お前 いい加減にしろ 戦争をやってるんだ


(第1巻 漂の決意より)

 

 

漂は危険を承知で引き受けた 死をも厭わぬ覚悟で引き受けたんだ

お前ら下層民が普通に生活していても絶対に手に入らない大きなものを手に入れるためにな!!・・・・だけどあいつは失敗した それだけだ


(第1巻 漂の決意より)

 

 

お前には今二つの岐路にある 里に帰って下僕を続けるか

薄弱の王を援け共に凶刃の野を行くか
お前らのバカげた夢にどちらが近いかは言うに及ばんな


(第1巻 漂の決意より)

 

 

だから言っただろう 凶刃の野をゆく薄弱の王だと


(第2巻 呂丞相より)

 

 

話し合いに 剣(信)は必要ない


(第2巻 託す思いより)

 

 

復讐よりも前にやるべきことは山ほどある


(第3巻 会談より)

 

 

そんなことをする必要はない

俺はすでにその痛みを十分に知っている


(第3巻 会談より)

 

 

山の王よ

恨みや憎しみにかられて王が剣を取るのなら怨嗟の渦に国が滅ぶぞ
王ならば”人を生かす”道を拓くために剣をとるべきだ


(第3巻 会談より)

 

 

俺は中華を統一する最初の王になる

その協力を得に山の王に会いに来た


(第3巻 会談より)

 

 

俺達はただ耐えしのげばいい 耐えしのげ!!

剣が折れても 腕を失くしても 血を流し尽くしても耐えしのげ!!
耐えしのげば俺達の勝ちだ!!


(第4巻 仇より)

 

 

天みで反り返っているだけで民の心を知らぬ お前に出来るのは周りを見下す事だけだ!

世を知らぬ 人を知らぬ だからお前はいつも唯一人だ!


(第5巻 兄弟より)

 

 

成キョウお前は少し 人の痛みを知れ


(第5巻 兄弟より)

 

 

泣き言は言ってられん もう始まってしまったからな


(第9巻 掟より)

 

 

無理をしてないと言えば嘘になる あんな母でも一応血を分けた親だからな

だが それがどうした 俺達は戦争をやっているんだ 
戦友の血が多く流れる覚悟 自らが傷つく覚悟 いかなる手段も行使する覚悟
たとえそれが己を身を切る手段であっても躊躇はしない
”戦(や)るからには絶対勝たねばならん”


(第18巻 奇貨居くべし掟より)

 

 

道が途中で潰える方が浮かばれぬ

毒の強弱など関係ない 勝負の分かれ目は結局 俺とお前のどっちが強いかだ
無論俺だがな


(第24巻 左丞相より)

 

 

立て お前らの目は節穴か・・?お前らの頭は飾りか?

ちゃんと地図を見ろ 今この瞬間国の至る所で何千何万の民の命が奪われようとしているのだぞ
起こっている事態の全容を知るのはここにいる我々だけだ
対処を講じられるのも我々だけだ 分かってるのか
今ここにいる三十人程が秦国全国民の命運を握っているのだ
巨大な敵にも目をそらすな 合従軍だろうといいようにはさせぬ 戦うぞ!!


(第25巻 迫り来る合従軍より)

 

 

(ちょっとだけ つかまらせてもらっていいか・・・すまねぇ)

気にするな 俺はもう何度もお前につかまっている


(第31巻 肩を借りるより)

 

 

兵士じゃなければ戦えないというならば・・・全員を兵士と化すのが俺の役目だ


(第31巻 肩を借りるより)

 

 

戻るものか 秦の命運を握る戦場に共に血を流すために俺は来たのだ

最後まで戦うぞ秦の子らよ 我らの国を絶対に守り切るぞ!!


(第31巻 政 語りかけるより)

 

 

ひるむなァ 恐怖に頭を下げるな これが戦いだ 立ち向かえ!

これがっ・・・国を守るということだ!!


(第31巻 サイに告ぐより)

 

 

生半可な道ではなかったな

僕の身から始まったあいつがここまでの隊を作り上げるに至った道は
決して生半可な道ではなかったはずだ


(第31巻 東壁より)

 

 

危険だから意味があるのだ これが俺の打てる最後の手だ


(第32巻 予想外の変化より)

 

 

無謀に見えようと一縷(いちる)の望みがある限り 俺は座して滅びを待ちはしない


(第34巻 兄弟の今より)

 

 

”宿願”の為だ 俺は中華を統べる王になる こんな所でつまずくわけにはいかない


(第34巻 兄弟の今より)

 

 

今 子供に関して思う事は 時に不安と苛立ちと 多分に笑いを誘う困った存在だ


(第39巻 守り抜く命より)

 

 

人の道を断ずる前に自分を語れ 呂不韋

何をもって中華統一を狂気と断ずるのか まずはその理由をお前の言葉で明らかにしろ
上辺の中傷では俺の夢に通じぬぞ


(第39巻 天下の起源より)

 

 

違う お前達は人の”本質”を大きく見誤っている

確かに人は欲望に溺れ 欺き 憎悪し殺す
狂暴性も醜悪さも人の持つ側面だ だが決して本質では無い
その見誤りから争いが無くならぬものと思い込み
その中で最善を尽くそうとしているが それは前進では無く 人へのあきらめだ!


(第39巻 人の本質より)

 

 

人の持つ本質は 光だ


(第39巻 人の本質より)

 

 

形や立場が違えど 皆一様に自分の中心にある”光”を必死に輝かせて死んでいった

そしてその光を次の者が受け継ぎ さらに力強く 光輝かせるのだ
そうやって人は繋がり よりよい方向に前進する


(第40巻 決意の言葉より)

 

 

人が闇に落ちるのは己の光の有り様を見失うから 見つからず もがき 苦しみ・・・悲劇が生まれる

その悲劇を増幅させ人の闇へ落とす最大のものが戦争だ
だから戦争を この世から無くす 武力でだ
中華を分け隔てなく 上も下もなく 一つにする
そうすれば必ず 俺の次の世代は 人が人を殺さなくてすむ世界となる


(第40巻 決意の言葉より)

 

 

この中華統一の成功は全中華の民を一手に実効支配するものにかかっている

だがそれは絶対に”人”であってはならない! ”法”だ
”法”に最大限の力を持たせ”法”に民を治めさせる
”法”の下には元斉人も秦人も関係ない 王貴族百姓も関係なく 皆等しく平等とする!
斉王よ 中華統一の後に出現する超大国は五百年の戦乱の末に”平和”と”平等”を手にする”法治国家”だ


(第45巻 秦王の絵図より)

 

 

エイ政(えい せい)が言われた名言・名セリフ

 

ねーねー政 手のかかる剣だね

 

発言:河了貂(かりょう てん)


 

 

大王様 もしも私が倒れた時は信におつかまり下さい

あいつはきっと 誰よりも高く翔ぶ

 

発言:漂(ひょう)


 

 

この目はしっかりと”中華への路”をとらえている

 

 

 

遺言は昭王の意志を継ぐ資質のある秦王にのみ残されたものです
昭王はその判断は私に一任されました 私が仕えるに値すると思う王のみに伝えよと
共に中華を目指しましょう 大王

 

発言:王騎将軍


 

 

半分庶民の血を引く半端な王族の貴様が民を支配できるのか!?

俺は貴様を認めぬぞ!!
より純粋なる俺こそがより強力に民を支配し国を強くするのだ!!

 

発言:成キョウ(せいきょう)


 

 

あなたは生まれの不運により およそ王族が歩まぬ道を歩まれました・・・

しかし逆に言えばあなたほどつらい経験をして王になる者は他にはいません
だからきっとあなたは誰よりも偉大な王になれます

 

発言:紫夏(し か)


 

 

どっかの学者が運命は天が定めしものとか言ってたけど それがもし本当なら 天に小便ぶちまけてやりたい気分だよ

 

発言:秦国太后


 

 

何だあの目は・・・温室育ちのくせに何であんな猛った光を帯びてやがる

 

発言:桓騎(かん き)


 

 

境があるから内と外ができ敵が出来る 国境があるから国々が闘い続ける

だからあいつは国を一つにまとめるんだ そして俺はその金剛の剣だ

 

発言:信(しん)


 

 

やはり・・・私の直感は間違いではなかった このお方は戦神 昭王を超える・・・超えるぞ!王騎よ・・・

 

発言:昌文君(しょうぶんくん)


 

 

 

漫画 : キングダム

作者 : 原泰久

出版 : 集英社

全巻 : 46巻〜

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

キングダムの登場人物と名言
信(しん)の名言『俺の剣は 俺達の剣は天下に轟く剣だ!!』
漂(ひょう)の名言『戦いで全て奪われた分 俺達も戦いで奪い取る!!』
河了貂(かりょう てん)の名言『ねーねー政 手のかかる剣だね』
壁 (へき)の名言『もっと剣を信じろ 信』
羌カイ(きょう かい)の名言『何も分かっていない奴らをみると 皆殺しにしたくなる』
昌文君(しょうぶんくん)の名言『我が王に 何の真似だ 貴様』
徐完 (じょかん)の名言『だが!!五年早かったな!!!』
ムタの名言『ムタの強さは脅威だべ!!!』
成キョウ(せいきょう)の名言『我慢ならんのだ そういう連中が』
竭(けつ)氏の名言『何の真似じゃ猿共ォォ!!!!殺せェェェ!!』
肆(し)氏の名言『敵が定まらぬ時は常に最悪の所に目を落とす』
左慈 (さじ)の名言『あ? 失せて よし』
魏興 (ぎこう)の名言『ほう・・・その若さで騎馬したこの魏興を前にひるまぬとは』
王騎将軍の名言『血沸き肉躍る世界!もしこれからそんな世界が来るとしたら たまりませんねェ』
騰(とう)の名言『ハ!実のない所に制度を作っても意味がありません』
呂不韋(りょ ふい)の名言『・・・・李斯(り し)よ 確実(それ)のどこが面白い』
昌平君(しょうへいくん)の名言『冗談がすぎますぞ 蔡沢(さい たく)殿』
李斯(り し)の名言『上奏とは主に政に関する提言 戦しか能のない貴様が何の提言か?』
蔡沢(さい たく)の名言『この蔡沢(さい たく)は 強き者にのみお仕えいたしますぞ』
蒙武(もう ぶ)の名言『この蒙武(もう ぶ)こそ中華最強!!その証明以外一切興味無し!!』
ヒョウ公(ひょうこう)の名言『兵ならば目の前の敵をどう倒すか 将ならば敵軍にどうやって勝つか!!それ以外に心囚われることはない!』
縛虎申(ばく こしん)の名言『いいか 信 勇猛と無謀は違う そこをはき違えると何も残さず 早く死ぬ・・・』
尚鹿(しょう かく)の名言
楊端和 (ようたんわ)の名言『”戦”でも”和”でも何でもいい 我はただ・・・・・世界を広げたいんだ』
バジオウの名言『しばし昔に戻るぞ』
呉慶(ご けい)の名言『武人の血などよりも熱きものが我の中にある事を この剣をもって教えてやろうォ』
宮元(きゅう げん)の名言『奇蹟とは非力なものに舞い降りる幸運そんなものに助けられて何を得意気になっている』
黄離弦(こう りげん)の名言『武の天稟に年は関係ない! 奴には矢が見えている』
紫夏(し か)の名言『何の迷いがあろう 我々がすることは明白ではないか』
蒙ごうの名言『腕前ではない 今の儂の武器は心じゃ』
万極(まん ごく)の名言『こ 殺せ わ 我らの お 怨念を ぞ 存分に叩き込め』
ほう煖(ほう けん)の名言『天のおそるる者は地上に唯一人 我だけだ』
李牧(り ぼく)の名言『無意味な死だけは絶対に許しません』
王賁(おう ほん)の名言『生まれの良さも才能の一つだ』
蒙恬(もう てん)の名言『呼吸し続けてさえすればこの陣はそう簡単には崩れない!』
廉頗(れん ぱ)の名言『強者は最後まで強者老いようが病に伏せようが戦場に出たならば勝つのが鉄則』
輪虎(りん こ)の名言『本当に天に寵愛(ちょうあい)される武将は一握り』
桓騎(かん き)の名言『ククク 雑魚ばっかと』
王翦(おう せん)の名言『私は”絶対に勝つ戦”以外興味はない』
項翼(こう よく)の名言
白麗(はく れい)の名言
臨武君(りんぶくん)の名言『幾度も幾度も貴様のような強者を打ち砕いて来たわァ』
春申君(しゅんしんくん)の名言『ハゲがしくじったか』
呉鳳明(ご ほうめい)の名言『・・・・いや それよりも もっと面白いことをやろう』
汗明(かん めい)の名言『己が無双と悟った者が戦場で戦い何を思うかそれはただ一つ 「つまらぬ」だ』
慶舎(けい しゃ)の名言『止めに行くのではない ”狩り”に行くのだ』
か燐(か りん)の名言『男くっせ あーくっせ』
傅抵(ふ てい)の名言『傅抵が落ちるぞォー!!』
凱孟(がい もう)の名言『戦は強者が欲望のままに弱者を屠(ほふ)る単なる殺戮の場』
飛信隊(ひしんたい)のメンバーの名言、名セリフ
キングダムに登場するその他の武将や偉人の名言集