キングダムの名言集

蒙恬(もう てん)のプロフィール

名前 蒙恬(もう てん)
性別
性格 ???
得意な武器 ???
特徴 ???
声優 野島裕史

 

蒙武の息子で蒙毅の兄。登場時すでに千人将格であったが、祖父の蒙?の指示により、より経験を積むため楽華隊という特殊三百人隊を率いていた。軍才にも恵まれ、若くして一隊の長として功績を多く挙げている。

 

 

蒙恬(もう てん)の名言・名セリフ

 

もっと気楽に行こーよ 先は長いんだし


(第18巻 揃い踏みより)

 

 

だから楽華隊の蒙恬だってば 俺も君や王賁と同じく 「天下の大将軍」を目指す者さ


(第18巻 揃い踏みより)

 

 

分かってるだろうが千人将なんか斬ればお前は全てを失うぞ 全てをだ

信・・・お前の大将軍への思いはそんなものなのか


(第18巻 侵略の現実より)

 

 

俺はお前と違って祖父や父の威光を利用することに何ら抵抗がないからね 

この位強引に事を収めるのは簡単簡単


(第18巻 俺の戦り方より)

 

 

それはきっと信も十分分かってるよ 分かった上でなおあの行動に出た

あいつは自分の信念に真っ直ぐだよ まるで放たれた飛矢のように真っ直ぐ
あいつはあいつで自分なりの大将軍への道を持ってるんだ
俺は好きになったね 飛信隊の信という男が


(第18巻 俺の戦り方より)

 

 

お前には分からんだろうが名家に生まれた重責ってのもあるんだよ

あまりそれが重いと俺みたいなてきとー人間になるか あいつみたいにカッチリ人間になるのさ
特に 偉大過ぎる父親を持ってしまうとな


(第19巻 千人将より)

 

 

知っての通りこういう乗りは好きじゃないが

やっぱり俺達にしか出来ないことが今 目の前にある
今日はひどい”死闘”になるぞ 悪いが宜しく頼むよ みんな


(第20巻 共闘より)

 

 

伝説とはいつも尾ヒレがつくもの とはいえ伝説になるからには実もあることは違いない


(第26巻 莫耶刀より)

 

 

呼吸し続けてさえすればこの陣はそう簡単には崩れない!


(第28巻 窮地の大抜擢より)

 

 

六将なんかじゃない 俺にとってはあなたが一番の英雄でしたよ

蒙ごう将軍・・・本当にお疲れ様でした ありがとう じーちゃん


(第34巻 白老の言葉より)

 

 

 

蒙恬(もう てん)が言われた名言・名セリフ

 

相変わらず勘の良さだけは一人前だな

 

 

 

恬(てん)をまだ三百将に留めているのか 過保護は成長を妨げるぞ もう少し恬(てん)を信用してやれ
ナヨついたガキだがあいつはそこらの千人将なんかより遥かにモノが見えている
それは親父殿が一番分かっているはずだ
恬(てん)を信じてやれ 死んだら死んだでそれまでの漢だったということだ

 

 

 

恬(てん) 武運を祈る

 

 

 

死にはせぬ この蒙武の倅だ その程度で死にはせぬ

 

発言:蒙武(もう ぶ)


 

 

不思議とこの年になると分かるところがあるのじゃ 死力を尽くす戦いが近づいているとな

今回だけは儂も退くことはない

 

 

 

英雄を目指す若者二人に 英雄になれなかった老人からの金言じゃ
蒙恬と信と王賁 三人で一緒に高みへ登れ
手を取り合う必要は無い 時に対立するのも結構
ただ三人が意識し合い 共に登ってゆけばその関係は必ず大きな力を生む
六将達がそうであったように そういう戦友の形もあると思うぞ

 

発言:蒙ごう


 

 

ああ!?んだ あの赤ヒラヒラは まさかあいつが隊長?

やっべ ああいう奴が一番ムカつくしっ 逝っとけェィ

 

発言:項翼(こう よく)


 

 

蒙恬様・・・大きくなられましたなァ しかしあなたもっと大きくなるお方

どうか天よ あのお方をお守りくだされ・・・

 

発言:じぃ


 

 

至強を決する舞台だぞ 汚すな下郎がァ

 

発言:汗明(かん めい)


 

 

この先さらに三人の力が必要となる!必ずこの戦で大成をあげ三人そろって”将軍”へと昇格しろ!

間違っても死ぬなよ

 

発言:エイ政(えいせい)


 

 

 

 

漫画 : キングダム

作者 : 原泰久

出版 : 集英社

全巻 : 46巻〜

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

キングダムの登場人物と名言
信(しん)の名言『俺の剣は 俺達の剣は天下に轟く剣だ!!』
漂(ひょう)の名言『戦いで全て奪われた分 俺達も戦いで奪い取る!!』
エイ政(えいせい)の名言『王ならば”人を生かす”道を拓くために剣をとるべきだ』
河了貂(かりょう てん)の名言『ねーねー政 手のかかる剣だね』
壁 (へき)の名言『もっと剣を信じろ 信』
羌カイ(きょう かい)の名言『何も分かっていない奴らをみると 皆殺しにしたくなる』
昌文君(しょうぶんくん)の名言『我が王に 何の真似だ 貴様』
徐完 (じょかん)の名言『だが!!五年早かったな!!!』
ムタの名言『ムタの強さは脅威だべ!!!』
成キョウ(せいきょう)の名言『我慢ならんのだ そういう連中が』
竭(けつ)氏の名言『何の真似じゃ猿共ォォ!!!!殺せェェェ!!』
肆(し)氏の名言『敵が定まらぬ時は常に最悪の所に目を落とす』
左慈 (さじ)の名言『あ? 失せて よし』
魏興 (ぎこう)の名言『ほう・・・その若さで騎馬したこの魏興を前にひるまぬとは』
王騎将軍の名言『血沸き肉躍る世界!もしこれからそんな世界が来るとしたら たまりませんねェ』
騰(とう)の名言『ハ!実のない所に制度を作っても意味がありません』
呂不韋(りょ ふい)の名言『・・・・李斯(り し)よ 確実(それ)のどこが面白い』
昌平君(しょうへいくん)の名言『冗談がすぎますぞ 蔡沢(さい たく)殿』
李斯(り し)の名言『上奏とは主に政に関する提言 戦しか能のない貴様が何の提言か?』
蔡沢(さい たく)の名言『この蔡沢(さい たく)は 強き者にのみお仕えいたしますぞ』
蒙武(もう ぶ)の名言『この蒙武(もう ぶ)こそ中華最強!!その証明以外一切興味無し!!』
ヒョウ公(ひょうこう)の名言『兵ならば目の前の敵をどう倒すか 将ならば敵軍にどうやって勝つか!!それ以外に心囚われることはない!』
縛虎申(ばく こしん)の名言『いいか 信 勇猛と無謀は違う そこをはき違えると何も残さず 早く死ぬ・・・』
尚鹿(しょう かく)の名言
楊端和 (ようたんわ)の名言『”戦”でも”和”でも何でもいい 我はただ・・・・・世界を広げたいんだ』
バジオウの名言『しばし昔に戻るぞ』
呉慶(ご けい)の名言『武人の血などよりも熱きものが我の中にある事を この剣をもって教えてやろうォ』
宮元(きゅう げん)の名言『奇蹟とは非力なものに舞い降りる幸運そんなものに助けられて何を得意気になっている』
黄離弦(こう りげん)の名言『武の天稟に年は関係ない! 奴には矢が見えている』
紫夏(し か)の名言『何の迷いがあろう 我々がすることは明白ではないか』
蒙ごうの名言『腕前ではない 今の儂の武器は心じゃ』
万極(まん ごく)の名言『こ 殺せ わ 我らの お 怨念を ぞ 存分に叩き込め』
ほう煖(ほう けん)の名言『天のおそるる者は地上に唯一人 我だけだ』
李牧(り ぼく)の名言『無意味な死だけは絶対に許しません』
王賁(おう ほん)の名言『生まれの良さも才能の一つだ』
廉頗(れん ぱ)の名言『強者は最後まで強者老いようが病に伏せようが戦場に出たならば勝つのが鉄則』
輪虎(りん こ)の名言『本当に天に寵愛(ちょうあい)される武将は一握り』
桓騎(かん き)の名言『ククク 雑魚ばっかと』
王翦(おう せん)の名言『私は”絶対に勝つ戦”以外興味はない』
項翼(こう よく)の名言
白麗(はく れい)の名言
臨武君(りんぶくん)の名言『幾度も幾度も貴様のような強者を打ち砕いて来たわァ』
春申君(しゅんしんくん)の名言『ハゲがしくじったか』
呉鳳明(ご ほうめい)の名言『・・・・いや それよりも もっと面白いことをやろう』
汗明(かん めい)の名言『己が無双と悟った者が戦場で戦い何を思うかそれはただ一つ 「つまらぬ」だ』
慶舎(けい しゃ)の名言『止めに行くのではない ”狩り”に行くのだ』
か燐(か りん)の名言『男くっせ あーくっせ』
傅抵(ふ てい)の名言『傅抵が落ちるぞォー!!』
凱孟(がい もう)の名言『戦は強者が欲望のままに弱者を屠(ほふ)る単なる殺戮の場』
飛信隊(ひしんたい)のメンバーの名言、名セリフ
キングダムに登場するその他の武将や偉人の名言集