キングダムの名言集

壁 (へき)のプロフィール

名前 壁 (へき)
性別
性格 生真面目
得意な武器
特徴 金持ちのお坊ちゃん風
声優 遊佐浩二 / 小西克幸

 

名家の生まれで昌文君の副官として登場。最初は頼りない一面があったが王都奪還の際に自らの無力さを痛感し、武官の極みである大将軍を目指すことを誓い急成長を遂げる。物語の中ではの兄貴分的存在である。

 

壁 (へき)の名言・名セリフ

 

それでは・・・身分の高い者は皆弱いみたいではないか・・・


(第2巻 遭遇より)

 

 

たしかに壁家は名家だが金で地位を買ったことはない!

私は文武共に他より秀でていたため殿の元で副官を務めるまでに至ったのだ


(第2巻 遭遇より)

 

 

王宮に侍る大臣は殿以外あんな奴ばかりだ!


(第3巻 対面より)

 

 

副官としてのその責任は言葉に出来ぬほど重い!

皆の死を無駄にせぬためにも私の命をかけて成キョウを討つ!


(第4巻 魏興の弩行隊より)

 

 

だが分かっていても体が動かぬ 動かぬ!!


(第4巻 触発より)

 

 

君が本当に大将軍になるのだとしたら

君は中華統一を目指す大王の片腕となって天下に羽ばたく!
ならば ここで死なせるわけにはいかない 私はすでに一人死なせている
この少年は絶対に殺させぬ!!


(第4巻 触発より)

 

 

もっと剣を信じろ 信


(第4巻 決定打より)

 

 

剣で倒せぬ相手無し!全ては使い手しだい!!それが剣という武器の本質だ


(第4巻 決定打より)

 

 

新参者だろうと関係ない

千人将同志遠慮なく意見させてもらう


(第6巻 軍編成より)

 

 

血を流すことをおしむな!!死ぬことをおしむな!!

栄える大秦国の歩兵たちよ!力続く限り斬って斬って斬って斬りまくれ!!
魏兵の血で平原を朱く染めよ!!諸君らの武運を祈る!!


(第6巻 軍編成より)

 

 

私は武官の極み 大将軍になる!!


(第6巻 軍編成より)

 

 

退却?今更引いて何になる すでに3万の兵を失ったんだぞ

勝たねば何も残らぬ!!


(第6巻 栄誉と恩賞より)

 

 

戦は武将のものだと!?だったら俺達は何だ

死んでいった者たちは 縛虎申(ばく こしん)の死は!
ふざけるな 俺達だって戦っている!!


(第7巻 将の才力より)

 

 

退がるな!!これは敵の罠だ 退がっても皆殺しにあうぞ 活路は前だ!!


(第12巻 左軍混乱より)

 

 

小細工は必要ない!ここは腕力で押し切る!!


(第28巻 新たな姿より)

 

 

矛の切れ 良し!


(第28巻 新たな姿より)

 

 

自軍の将を信じれんでどうする

蒙武は誰よりも勝ちにこだわる男だ 俺は信じるぞ


(第28巻 新たな姿より)

 

 

頭を冷やせ馬鹿者っ 将軍が前進とおっしゃったのが聞こえなかったのか!!盾を投げられた意味が分からなかったのか!!

 


(第31巻 うまい酒より)

 

壁 (へき)が言われた名言・名セリフ

 

あきらめるな!!隊列を組み直せ!!密集して突破をはかるぞ!!

 

発言:漂(ひょう)


 

 

まァ 金持ちの坊ちゃんの中じゃ頑張ってる方じゃねェの?

 

 

 

数じゃねェ 戦は”数”じゃねェ ”人”だ

 

発言:信(しん)


 

 

王ノ好ミノ顔デハナイト思ウト言ッテイル

 

発言:バジオウ


 

 

オイ ふざけていると二人とも 殺すぞ

 

 

 

オイ貴様 貴様は歩兵を助けるために わざわざ戦場に来たのか
それとも魏軍に勝利するために来たのか
どっちだ!!

 

発言:縛虎申(ばく こしん)


 

 

コココ 相変わらず生真面目かつせっかちですねェ壁千人将は

まさに昌文君(しょうぶんくん)の副官という感じです
戦はまだ始まったばかりです いきなり本陣など狙っても届きませんよ まずは駒を減らすことです

 

発言:王騎将軍


 

 

私の目に狂いはない あ奴はいい囮になる

 

発言:王翦(おう せん)


 

 

 

 

漫画 : キングダム

作者 : 原泰久

出版 : 集英社

全巻 : 46巻〜

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

キングダムの登場人物と名言
信(しん)の名言『俺の剣は 俺達の剣は天下に轟く剣だ!!』
漂(ひょう)の名言『戦いで全て奪われた分 俺達も戦いで奪い取る!!』
エイ政(えいせい)の名言『王ならば”人を生かす”道を拓くために剣をとるべきだ』
河了貂(かりょう てん)の名言『ねーねー政 手のかかる剣だね』
羌カイ(きょう かい)の名言『何も分かっていない奴らをみると 皆殺しにしたくなる』
昌文君(しょうぶんくん)の名言『我が王に 何の真似だ 貴様』
徐完 (じょかん)の名言『だが!!五年早かったな!!!』
ムタの名言『ムタの強さは脅威だべ!!!』
成キョウ(せいきょう)の名言『我慢ならんのだ そういう連中が』
竭(けつ)氏の名言『何の真似じゃ猿共ォォ!!!!殺せェェェ!!』
肆(し)氏の名言『敵が定まらぬ時は常に最悪の所に目を落とす』
左慈 (さじ)の名言『あ? 失せて よし』
魏興 (ぎこう)の名言『ほう・・・その若さで騎馬したこの魏興を前にひるまぬとは』
王騎将軍の名言『血沸き肉躍る世界!もしこれからそんな世界が来るとしたら たまりませんねェ』
騰(とう)の名言『ハ!実のない所に制度を作っても意味がありません』
呂不韋(りょ ふい)の名言『・・・・李斯(り し)よ 確実(それ)のどこが面白い』
昌平君(しょうへいくん)の名言『冗談がすぎますぞ 蔡沢(さい たく)殿』
李斯(り し)の名言『上奏とは主に政に関する提言 戦しか能のない貴様が何の提言か?』
蔡沢(さい たく)の名言『この蔡沢(さい たく)は 強き者にのみお仕えいたしますぞ』
蒙武(もう ぶ)の名言『この蒙武(もう ぶ)こそ中華最強!!その証明以外一切興味無し!!』
ヒョウ公(ひょうこう)の名言『兵ならば目の前の敵をどう倒すか 将ならば敵軍にどうやって勝つか!!それ以外に心囚われることはない!』
縛虎申(ばく こしん)の名言『いいか 信 勇猛と無謀は違う そこをはき違えると何も残さず 早く死ぬ・・・』
尚鹿(しょう かく)の名言
楊端和 (ようたんわ)の名言『”戦”でも”和”でも何でもいい 我はただ・・・・・世界を広げたいんだ』
バジオウの名言『しばし昔に戻るぞ』
呉慶(ご けい)の名言『武人の血などよりも熱きものが我の中にある事を この剣をもって教えてやろうォ』
宮元(きゅう げん)の名言『奇蹟とは非力なものに舞い降りる幸運そんなものに助けられて何を得意気になっている』
黄離弦(こう りげん)の名言『武の天稟に年は関係ない! 奴には矢が見えている』
紫夏(し か)の名言『何の迷いがあろう 我々がすることは明白ではないか』
蒙ごうの名言『腕前ではない 今の儂の武器は心じゃ』
万極(まん ごく)の名言『こ 殺せ わ 我らの お 怨念を ぞ 存分に叩き込め』
ほう煖(ほう けん)の名言『天のおそるる者は地上に唯一人 我だけだ』
李牧(り ぼく)の名言『無意味な死だけは絶対に許しません』
王賁(おう ほん)の名言『生まれの良さも才能の一つだ』
蒙恬(もう てん)の名言『呼吸し続けてさえすればこの陣はそう簡単には崩れない!』
廉頗(れん ぱ)の名言『強者は最後まで強者老いようが病に伏せようが戦場に出たならば勝つのが鉄則』
輪虎(りん こ)の名言『本当に天に寵愛(ちょうあい)される武将は一握り』
桓騎(かん き)の名言『ククク 雑魚ばっかと』
王翦(おう せん)の名言『私は”絶対に勝つ戦”以外興味はない』
項翼(こう よく)の名言
白麗(はく れい)の名言
臨武君(りんぶくん)の名言『幾度も幾度も貴様のような強者を打ち砕いて来たわァ』
春申君(しゅんしんくん)の名言『ハゲがしくじったか』
呉鳳明(ご ほうめい)の名言『・・・・いや それよりも もっと面白いことをやろう』
汗明(かん めい)の名言『己が無双と悟った者が戦場で戦い何を思うかそれはただ一つ 「つまらぬ」だ』
慶舎(けい しゃ)の名言『止めに行くのではない ”狩り”に行くのだ』
か燐(か りん)の名言『男くっせ あーくっせ』
傅抵(ふ てい)の名言『傅抵が落ちるぞォー!!』
凱孟(がい もう)の名言『戦は強者が欲望のままに弱者を屠(ほふ)る単なる殺戮の場』
飛信隊(ひしんたい)のメンバーの名言、名セリフ
キングダムに登場するその他の武将や偉人の名言集