バクマンの名言集

服部 哲のプロフィール

名前 服部 哲(はっとり あきら)
生年月日 1980年4月27日
出身地 秋田県
身長 ???
体重 ???
血液型 ???
利根健太朗
演者 山田孝之

 

相田班所属の『WJ』編集者。亜城木夢叶の初代及び3代目担当、また秋名愛子の初代担当編集者。「漫画をヒットさせるかさせないかは博打」という考えを持っており、サイコーからは「当たり」の編集者として見られている。どんな相手にも真摯に対応し、率直で的確なアドバイスを行う上、担当する漫画家と二人三脚で活動していくスタイルを取っていることから、周りからの信頼は厚い。

 

服部 哲の名言・名台詞

 

大ヒット飛ばせるのは圧倒的に計算じゃない人なんだ


(第2巻 アメとムチより)

 

 

作品をヒットさせるのって結構 博打なんだ


(第2巻 アメとムチより)

 

 

しかし君達は王道では人気は取れない
このネームも面白くない


(第3巻 ライバルと友達より)

 

 

僕はあくまで編集者でアドバイス出来る事は限られている
編集が言った以上の事をやってこれる人がマンガ家として大成する
わかるか?

 

これなら絶対売れる
っていう話は編集には作れない
極端に言えば作れるなら自分で描く
マンガ家は必ず編集の上をいかなければならない


(第3巻 未来と階段より)

 

 

君達が初めて持ち込み来てくれた時だった
編集部で息巻いた・・・3年後には新妻エイジを追い抜いてると


(第4巻 文学と音楽より)

 

 

面白いマンガ 読ませてくれ


(第5巻 嬉しさと寂しさより)

 

 

綺麗というか 若さが眩しいよ


(第10巻 スパイと次回より)

 

 

そんな説教みたいな事は読者はされたくないんだ
悪いが直してどうこうという作品とは思えない


(第12巻 苦情と上昇志向より)

 

 

(服部さん 潰すってかましても良いですか?)
よしっ ぶちかませ


(第14巻 自信と覚悟より)

 

 

悔しかったら 超えるんだ!


(第18巻 相乗効果と新記録より)

 

 

それいい・・・それでこそ亜城木夢叶だ
後の事は担当の僕に任せてろ
2人で最高のラストを作ってくれ!!


(第20巻 瞬間と最終巻より)

 

 

入社1年目の時 鳥島専務に言われました
会社と作家が対立した時
作家側に立つのが真の編集者だと


(第20巻 あり方と終わり方より)

 

 

服部 哲が言われた名言・名台詞

 

 

そこまで本気で僕たちの事
本気で考えてくれてるとは思っていませんでした
やります やってみせます
そして必ず連載をもぎ獲ります!!

 

発言:真城 最高


 

 

編集の仕事は作家にいかに気持ちよく描いてもらうかだ
この場合惚れた担当の為に超頑張る
最高じゃないか!

 

発言:服部 雄二郎


 

 

 

 

 

 

漫画 : バクマン

原作 : 大場つぐみ

作画 : 小畑健

出版 : 集英社

全巻 : 全20巻

 

漫画大人買いの画像

関連ページ

真城 最高の名言・名台詞『週刊連載は休んじゃ駄目なんだ!!』
高木 秋人の名言・名台詞『そんな深刻な顔するなよデスノートって訳じゃないだろ』
亜豆 美保の名言・名台詞『こんばんは亜豆美保です・・・・みなさん夢を持ってますか?』
見吉 香耶の名言・名台詞『3発殴ればスッとするから殴らせろ殴り終わったら付き合って』
新妻 エイジの名言・名台詞『う〜ん もう少し奥の方までズキュ------ンです』
福田 真太の名言・名台詞『俺がパンチラの描き方を教えてやる』
中井 巧朗の名言・名台詞『どんな物・場所でもあらゆるアングルから資料なしでも描ける』
蒼樹 紅の名言・名台詞『なぜって マンガが好きだから』
平丸 一也の名言・名台詞『僕は既に社会人でもないのか!知らなかった』
高浜 昇陽の名言・名台詞『僕ディズニー好きなんですよね ディズニーを目指してるんです』
岩瀬 愛子の名言・名台詞『1000倍いいなら 私と付き合いなさい』
静河 流の名言・名台詞『「True human」は面白くなります 描きます女達の・・・嘘の愛情・・・』
白鳥 シュンの名言・名台詞『この絵はこうして僕は見えるけど・・・・おじいちゃんが高いお金を出して独り占めしたんだよね』
七峰 透の名言・名台詞『自分の描いた作品で勝たなきゃ腹の虫が治まるわけないでしょう』
KOOGY(コージィー)の名言・名台詞『僕は音楽以外でも自分の世界を表現したいんだ』
石沢 秀光の名言・名台詞『オブラートに包んで上品にか?そんなんじゃ伝わんねーだよ』
東 美紀彦の名言・名台詞『やっと胸を張って墓参りに行ける・・・』
港浦 吾郎の名言・名台詞『マンガってのは他の作品と比べてどうこうじゃないだろ!』
相田 聡一の名言・名台詞『福田 中井 亜城木が4人で殴り込みにくるぞ』
小杉 達朗の名言・名台詞『キャラクターの心人の気持ちが分からなければ人の感情は描けないよ』
服部 雄二郎の名言・名台詞『編集の仕事は作家にいかに気持ちよく描いてもらうかだ』
吉田 幸司の名言・名台詞『働きたくない描きたくないと仕方なく描いたマンガが面白い!!天才だ!』
山久 雅和の名言・名台詞『彼には才能がある それを潰す権利なんてたとえ親にでもない』
佐々木(編集長)の名言・名台詞『マンガは面白ければいいんだ 面白いものは連載される当たり前だ』
瓶子 吉久の名言・名台詞『やれやれ・・・・あとの面倒は俺の仕事だな』
小河 直人の名言・名台詞『・・・・勘かな・・・強いて言えば「ジャンプ」だから』
加藤 奈津実の名言・名台詞『そんなに仕事関係の人って強調しなくても・・・・』
折原 一力の名言・名台詞『やっぱりマンガ家って変わった人多いんですかね なんか感動しました』
森屋 秀一の名言・名台詞『マンガも描きようによっては芸術です!』
安岡 ひろみの名言・名台詞『オオーーさすが 福田神』
真城 信弘の名言・名台詞『真剣勝負それこそ毎週リングに立たせられているボクサーの気分だ』
真城 二三男の名言・名台詞『あいつはもしかしたら本当に駄目かと心配もしたが あれでいい』
真城 加代子の名言・名台詞『息子はマンガを描くロボットじゃありません』
亜豆 美雪の名言・名台詞『よかった 私昔から勉強できる人ってタイプじゃないから』