タッチの名言集

柏葉 英二郎のプロフィール

名前 柏葉 英二郎(かしわば えいじろう)
生年月日 ???
血液型 ???
特徴 五分刈りの頭髪に口ヒゲ、サングラス
性格 強面だが犬には好かれる

 

明青野球部OBにして西尾監督が病気療養中の明青野球部代理監督。明青野球部に恨みを持っており、「自分が果たせなかった夢」を「復讐」と位置づけ、達也ら現野球部員に過酷な練習を課す。結果として明青野球部を甲子園へと導く。

 

柏葉 英二郎の名言・名台詞

 

いいフットワークしてるな。
どうだ、カモメジムに入らんか?


(第6巻 ん----!より)

 

 

だが、これだけは覚えておけ。
おれはおまえらと仲良くやる気はない。

 

期間はわからんが・・・一任された以上、
おまえらを煮て食おうが焼いて食おうがおれの勝手だ。
いいな!


(第6巻 ん---!より)

 

 

休み休みの素振りなど、への役にもたたん!
ぶっ倒れるまで振り続けろ!


(第6巻 あいつなら安心だより)

 

 

いいときに死んでくれたよな。
ツイてるぜ、おまえは。


(第7巻 いらっしゃいませより)

 

 

もう少しまて・・・
くだらん夢をみてうかれてるやつらに、一生悔いを残させてやる。
明青野球部が世間の笑い者になるんだ。
ちゃんとこの目でみせてくれ。


(第9巻 プレッシャーだよより)

 

 

上杉和也が何を考えているか教えてやろうか?
こいつはな、上杉達也がめった打ちにされるところを見たいんだよ。
おれがいなきゃ甲子園なんかいけるもんかと言いたいんだよ!


(第10巻 おまえなんだぜより)

 

 

たとえそうなったとしても、おまえは・・・いやお前たちは・・・
手をとりあって良い思い出にしちまうんだよ。
あきれるくらいサッパリとな。
つきあいきれねえよ。
おまえらのなかにいると、オレがただのバカに見えてくる。


(第11巻 リンゴですより)

 

 

いや、このままで・・・夏は好きなんですよ。


(第11巻 リンゴですより)

 

 

柏葉 英二郎が言われた名言・名台詞

 

須見工に勝つために必要なのはわしではない。
本物の監督だ。
まかせたぞ、柏葉英二郎。

 

発言:西尾 茂則


 

 

出番がなかったなんてあり得ないなァ。
あんたは写真じゃないんだから。
華やかな舞台から人をひきずりおろすことばかり考えているから、
自分の出番を見逃してしまうんですよ。

 

声がかかるのをまってないで、自分から舞台にあがったらどうですか?
ま、とりあえず、9人のバカを線にするという、
つまらない役ですけどね。

 

発言:上杉 達也


 

 

なくしたものは取り戻すことはできないけど、
忘れてたものは思い出すことができますよね。

 

発言:上杉 達也


 

 

監督の嫌いはアテにならないからなア
野球も嫌いでしたものね。
とくに明青野球部は・・・・夏は好きですか?もちろん嫌いですよね。
甲子園にいきます。ありがとうございました。

 

発言:上杉 達也


 

 

関連ページ

上杉 達也の名言・名台詞『上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中のだれよりも。』
上杉 和也の名言名台詞『まず南を甲子園につれていくことで、先取点をねらいますので・・・・よろしく!』
浅倉 南の名言・名台詞『相手がタッちゃんだったから-----いつもとかわらない南でいられるのです』
原田 正平の名言・名台詞『弟を応援するのは野球だけにしとけよ。』
松平 孝太郎の名言・名台詞『どうせおいらはマリモだい!』
新田 由加の名言・名台詞『由加は素直でいい娘ですよォ。自分の気持ちに素直なんです。』
明青野球部の佐々木の名言・名台詞『人を好きになるって、すばらしい事なんですね!』
西尾 茂則の名言・名台詞『明青野球部を心底から愛している。そして、ただそれだけの監督だ。』
黒木 武の名言・名台詞『席をあけて待ってるぜ。上杉和也。』
西尾 佐知子の名言・名台詞『それでもストレートのあなたにちゃんとぶつかったわ。』
新田 明男の名言・名台詞『ホームランを数えているうちは四番にはなれないぞ。』
須見工業の大熊の名言・名台詞『あの程度の球をスタンドまで運べないようじゃ。』
西村 勇の名言・名台詞『ボロボロに負けて、初めて素直になれる男ってのもいるからなァ。』
勢南高校のマネージャー鈴子の名言・名台詞
吉田 剛の名言・名台詞『どうしてくれんだ 新田さんよォ!』
上杉 信悟、 晴子の名言・名台詞『達也はそんな男じゃない。』
浅倉 俊夫の名言・名台詞『親は子供の幸せのためなら、身勝手になるのさ。』