漫画の名言集

呪いのデーボのプロフィール

名前 呪いのデーボ
出身地 ???
身長 ???
体重 ???
血液型 ???
生年月日 ???
スタンド エボニーデビル(悪魔)

 

エンヤ婆が送り込んだ刺客7人のうち1人。政財界の大物も御用達の殺し屋で、「アメリカインディアンの呪術師」という触れ込みで知られている。相手を恨むことによって強くなるというスタンドの性質上、全身には自らが相手を恨むためにわざと受けた無数の傷跡がある。特徴は傷だらけのインディアンといった感じの風貌をしている。

 

呪いのデーボの名言・名セリフ

 

なぜおれが冷蔵庫の中にいることが分かった?


(第15巻 悪魔その@より)

 

 

つ ついにやったな・・・ポルナレフグヒヒヒ!よくも!こんなんにしやがって・・・・ウヘヘヘヘ

痛ええ〜よォ〜〜っ とってええもォ痛えよォおおおおおおおおおははははは―――ッウハハウハハハハッ!!
痛えよおお〜グフヘヘ おのれッ ハハハファハハグエッブババババ
よくもよくもやりやがったなァ これで!おもいっきりてめーを恨めるというものだァァァァ ヒヒヒヒハハハハハーッ
おれのスタンド「エボニーデビル」は恨めば恨むほど強くなるのだッ!
チクショオオオオオオウウウバババヒヒヒヒファハハハーッ


(第15巻 悪魔その@より)

 

 

うけけけけけけけけけけッ!!うけけけけけけけ――――ッ!

よくもッ よくもッ!おれのッ!片目を潰してくれたな!
チャリオッツ ぶぁかかァ〜ッてめーは!


(第15巻 悪魔その@より)

 

 

へたっピぃイイイイ―――ッ


(第15巻 悪魔そのBより)

 

 

さすがの騎士も見えねえとスイカ割もできねえみてえだなあ〜これじゃ〜よォォ――ッ

おめえ勘がッ!ドっにぶィゼィイイッ!


(第15巻 悪魔そのBより)

 

 

ヘイ!ポルナレフッ!今からテメーのタマキン 噛み切ってやるぜーッ!メーン!


(第15巻 悪魔そのBより)

 

 

このトンチキがァ――ッ!


(第15巻 悪魔そのBより)

 

 

死ね 感電してあの世へ行きな うらみはらさでおくべきか


(第15巻 悪魔そのBより)

 

 

バカか?スタンドの正体を人に見せる殺し屋はいねえぜ

見せた時は相手か自分が死ぬ時だからよ!


(第15巻 悪魔そのBより)

呪いのデーボが言われた名言・名セリフ

 

なかなか鋭い殺気をしているな・・・ひとつ名乗っておきな・・・このポルナレフに殺される前にな

 

 

 

てめー頭脳がまぬけか?冷蔵庫の中身を全部外に出して・・・かたづけてねーぜ!

 

 

 

いいかげんにしろよ この豆チビがァ―――ッ!!

 

 

 

どうした?てめーおれの○○○○を噛み切るとか言ってたなあ やってみろ!
このド低ゾク野郎が〜 おれはてめーのそこ以外を切り刻む!

 

発言:ジャン・ピエール・ポルナレフ


 

 

マフィア・軍人・政治家・彼を雇う者は世界中にいます

 

 

 

誰も知る者はいない・・・出会った者は全員すなわち殺されているからです

 

発言:モハメド・アブドゥル


関連ページ

空条ホリィの名言『ママちゃ〜んと見抜いているんだからね・・・承太郎』
アンの名言・名セリフ『タイマンで来いッこのチビグソがァ!』
グレーフライの名言『ビンゴォ!舌を引きちぎった!!』
偽キャプテン・テニールの名言『シブイねェ・・・まったくおたくシブイぜ』
エンヤ婆の名言『「ジャスティス」がダンスしたいとさッ! 』
ラバーソールの名言『ドゥーユゥーアンダスタンンンドゥ! 』
ホル・ホースの名言『「銃は剣よりも強し」 ンッン〜名言だなこれは』
J・ガイルの名言
ネーナの名言『あたいが「女帝」よッ!チュミミ〜ン!! 』
ズィー・ズィー(Z.Z)の名言『お前らには文字通りもう「道」はない』
スティーリー・ダンの名言『世の中自分というものをよく知る奴が勝つんだ』
マニッシュ・ボーイの名言『夢の中で死ねるなんてロマンチックだと思わないかい?』
カメオの名言『Hail 2u (君に幸あれ!)』
ミドラーの名言『ムキャッ!ナハハハハ ナハハハハハハ!』
オインゴ/ボインゴの名言『一度印刷に出た予言はもう決して変える事はできないッ』
アヌビス神の名言『しかしその動き・・・・今ので覚えた・・・』
マライアの名言『触れてはいけない物と言うのは 触れてしまいたくなるものね』
アレッシーの名言『ペロロロロロ ペペロロペロ〜ン』
ダニエル・J・ダービーの名言『イカサマを見抜けなかったのは 見抜けない人間の敗北なのです』
テレンス・T・ダービーの名言『Exactly(イグザクトリー) 【その通りでございます】』
ヴァニラ・アイスの名言『思い知れッ!どうだッ!思い知れッ!どうだっ!』
ヌケサクの名言『風の強い時にションベンしたらズボンにかかるってことと同じくらい確信していますゥ』